GL07S Stream X で Root 化せずに DMMmobile のテザリングに成功

※本文中、--が — となってしまっていた問題を解決しました。(2015/7/19)
※設定が違う方もいらっしゃるようなので、各パラメーターの意味を追加しました。(2015/9/22)

今回はスマートフォン ネタです。極々一部の方にしか意味のない内容です。

今は亡きイーモバイルの Stream X こと、GL07S を使っていました。というか、使っています。今はブランドが Y! Mobile になってしまいましたけれども。その前は HTC Aria というイーモバイルの黎明期から少し後のスマホでした。でも、この GL07S を契約してから 2 年が経ち、それを過ぎると高くなるという残酷な未来が待ち受けていたので、ええいっ!とばかり、思い切って解約しました。

新しく契約したのが、DMMmobile。そして、僕は友達がいないし、誰も僕には電話をかけてこないので、「電話番号もまーえっか……」と思い、電話付きプランでなくて、データ専用プランにしました。そんなにヘヴィ~な使い方はしないので、僕には 2GB / 月 で十分。だから、月々税抜きで 770 円です。

DMMmobile は LTE なのですが、この GL07S はイーモバイル以外の SIM だと LTE につながらない、というネット上の情報は本当で、SIM を DMM のに替えてからは、LTE の表示が出た試しがありません。常に H か 3G です。でも、ソフトバンク ローミング中の赤い R 表示の 3G よりずっとずっと快適なので、さほど困ってはいません。

困ったことは、テザリングでした。このスマートフォンの Pocket WiFi 機能をこれまで便利に使ってきたのに、使えなくなったのです。まぁ、これも事前にインターネットで知っていたことですけれども。で、これを解決しようとして、成功したよ、というのがこの記事で、同じような方々の何かの助けになればと思って書いています。(前置き、長っ!)

最初に試したのは、FoxFi というテザリング ソフトで、WiFi テザリングではなく、Bluetooth にするとよい、ということでした。でも、だめでした。最初、「お、できた!」と思ったのですが、DMM → Bluetooth ではなく、家の WiFi → Bluetooth のテザリングでした。Pocket WiFi は WiFi 自体の橋渡しはできなかった(自動でオフになった)のですが、FoxFi ではできてしまうのです。家ではテザリングなんかしなくても直接 WiFi につなげばいいのだし、結局 DMM の橋渡しはできないワケで、あんまし意味なし芳一ということで、ダメでした。

じゃ、「Root 化しかないんか~」と思って色々と調べていると、この機種の場合、かなり簡単にできることがわかりました。

でも、テザリングをできるようにするためだけに Root 化ってのもなぁ~と思い、さらに調べると、content inset コマンドがいいという情報に行きつきました。早速、GL07S 内のコンソールソフトをインストールし、立ち上げて content query という設定を確認するコマンドを打ち込むと…… 権限がないで見せたらん! と怒られてしまいました。

ダメもとで、自宅の PC から USB で接続して adb shell からやってみると…… 無事、Root 化なしで、テザリングができるようになりました! 以下に手順を記します。

  1. USB ドライバーを PC にインストールする。
    1. http://www.ymobile.jp/lineup/gl07s/driver.html から、入手したものを解凍しておく。
    2. GL07S と PC とを USB でつなぐ。
    3. GL07S 側で、USB デバッグを有効に設定する。
    4. デバイス マネージャーで先ほど解凍してできたフォルダーを指定して GL07S のドライバーをインストールする。
  2. Android SDK を PC に入れる
    1. http://developer.android.com/sdk/index.html#Other から zip をダウンロードする。
    2. 解凍した中にある SDK Manager.exe を実行し、Android SDK Platform-Tools をインストールする。
    3. コマンド プロンプトで解凍したフォルダーの中の platform-tools フォルダー内に移動する。
  3. adb shell から content insert コマンドを実行する
    1. adb shell と打ち込んで Enter。shell@android:/ $ と出れば OK。
      error: device not found と出ると、きちんと接続されてないということ。その場合は、ドライバーのインストールを見直しましょう。
    2. 次のコマンドを一行で打ち込んで、Enter。以上!(契約によって異なるかもしれません。下の※を参照してください。)
      content insert --uri content://settings/secure --bind name:s:tether_dun_apn --bind value:s:dmm,vmobile.jp,,,dmm@dmm.com,dmm,,,,,440,10,3,*

※パラメーターは以下の通り(カッコは省略しているもの)  接続名, APN アドレス, (プロキシー アドレス), (ポート), ユーザー名, パスワード, (サーバー アドレス), (MMSC アドレス), (MMS プロキシー), (MMS ポート), MCC, MNC, 認証タイプ(0: なし/ 1: PAP/ 2: CHAP/ 3: PAP および CHAP), APN タイプ(* は全部)

ドライバーと adb.exe の導入については、次のページがわかりやすいかもしれません。
http://wghost.org/it/android/android-adb-shell-usb/

PC から USB デバッグ操作を行うと、コンテンツ プロバイダーという Android の設定を操作することができるようになります。そこで、欠けていた tether_dun_apn という名前の設定を設け、DMMmobile の APN 接続設定をすることによって、テザリング時の接続先とすることができるようになったというわけです。

アクセス回数

  • 212,061 回